コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糝粉 シンコ

世界大百科事典 第2版の解説

しんこ【糝粉】

うるち米を水洗いして乾燥したのち粉にしたもの。新粉とも書き,米粉(こめこ)と呼ぶこともある。普通品を並新粉,きめの細かい上質品を上新粉,上用粉と呼ぶことも多い。各種のだんご,鶴の子餅,寿甘(すあま),切りザンショウ,ういろう,柏餅,草餅,薯蕷(しよよ)まんじゅう,塩せんべいなど,和菓子の材料として広く用いられる。新粉を水でこねて蒸し,それをついたものが新粉餅で,これでさまざまな物の形をつくるのが新粉細工である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんこ【糝粉】

精白したうるち米を洗い、干してひいた粉。細かいものを上糝粉という。和菓子に用いる。
「糝粉餅もち」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の糝粉の言及

【米】より

…米の粉はおもに和菓子の材料として使われている。うるち米を水洗し臼びきして得られる糝粉(しんこ),もち米を水洗し臼びきし多量の水で洗った後乾燥した白玉粉,餅またはもち米を蒸してから乾燥し石臼で粗びきした道明寺粉などがそれである。このほかうるち米の粉を原料としためんの一種であるビーフン,うるち米を蒸して乾燥したα米,同じようにもち米から作る即席餅などの製品もある。…

※「糝粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

糝粉の関連キーワード糝粉細工/新粉細工編み笠餅・編み笠餠切り山椒・切山椒戴き餅・戴き餠糝粉餅/新粉餅笹餅・笹餠椿餅・椿餠毬餅・毬餠軽羹・軽羮時雨饅頭蜀黍団子糝粉細工鳥の子餅黄身時雨草団子糝粉餅時雨羹戴き餅切山椒餅菓子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android