コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薯蕷 ショヨ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

薯蕷 (イモ)

植物。食用となる地下茎・塊根類の総称

薯蕷 (ヤマノイモ・ヤマイモ;ヤマツイモ)

学名:Dioscorea japonica
植物。ヤマノイモ科の多年生つる植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の薯蕷の言及

【ヤマノイモ】より

…しかし多くの野生種の地下貯蔵器官は明らかに地下茎である。
[食用とされる主要な種]
 (1)ヤマノイモ(ジネンジョ)D.japonica Thunb.(中国名は日本薯蕷(しよよ),野山薬) 人里近い山野林間に自生し,いもは食用に利用される。粘りが強い。…

※「薯蕷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

薯蕷の関連キーワード暑・緖・署・諸・処・初・嶼・庶・所・暑・曙・書・緒・署・蔗・薯・處・諸日本のおもな郷土菓子十万石まんじゅう薄皮まんじゅう塩瀬まんじゅう薯蕷まんじゅうまんじゅう大みか饅頭薯蕷饅頭薯蕷御飯花園万頭織部饅頭蒸し饅頭塩羊羹山の芋いも粥栗まろ薯蕷飯愛慕栗家喜芋

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薯蕷の関連情報