薯蕷(読み)しょよ

精選版 日本国語大辞典「薯蕷」の解説

しょ‐よ【薯蕷】

〘名〙 (「じょよ」とも) 植物「ながいも(長芋)」の漢名。
※参天台五台山記(1072‐73)五「戌時三蔵送署預八坏
※俳諧・類船集(1676)遍「紅葉変して龍となり。薯蕷(ジョヨ)(〈注〉ヤマノイモ)がうなぎになり」 〔杜甫‐発秦州詩〕

とろろ【薯蕷】

〘名〙
① 「とろろじる(薯蕷汁)」の。《季・秋》
※蔭凉軒日録‐文正元年(1466)閏二月一一日「日本曰野老、唐曰黄精、太郎所携籠者、其一之数也。尤此野老、其味為美」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「薯蕷」の解説

薯蕷 (イモ)

植物。食用となる地下茎・塊根類の総称

薯蕷 (ヤマノイモ・ヤマイモ;ヤマツイモ)

学名:Dioscorea japonica
植物。ヤマノイモ科の多年生つる植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の薯蕷の言及

【ヤマノイモ】より

…しかし多くの野生種の地下貯蔵器官は明らかに地下茎である。
[食用とされる主要な種]
 (1)ヤマノイモ(ジネンジョ)D.japonica Thunb.(中国名は日本薯蕷(しよよ),野山薬) 人里近い山野林間に自生し,いもは食用に利用される。粘りが強い。…

※「薯蕷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android