コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟鮫 カスザメ

大辞林 第三版の解説

かすざめ【糟鮫】

ツノザメ目の海魚。全長2メートルに達する。平べったく胸鰭むなびれが特に発達してエイに近い形であるが、鰓穴えらあなが体側に開く。背は茶褐色で腹は白い。肉はかまぼこの原料とし、皮はさめやすりとして利用する。卵胎生。本州中部以南に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

糟鮫 (カスザメ)

学名:Squatina japonica
動物。カスザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

糟鮫の関連キーワードツノザメ卵胎生海魚胸鰭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android