コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸屋隋右衛門 いとや・ずいえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

糸屋隋右衛門

没年:慶安3.11.13(1651.1.4)
生年:天正14(1586)
江戸初期の長崎の朱印船の船長。父は宗丹,母は好孝と推定される。法名を宗覚。長崎本鍛冶屋町(長崎市万屋町)に住む。朱印船貿易家の長崎の代表的存在のようにいわれているが,朱印船貿易家の公式な資料には見当たらないので,朱印船の船長を務めたものと推定される。事実,隋右衛門の使用した東亜航海図の模写が伝わっているし,寛永7(1630)年松倉重政が幕命によって呂宋島偵察船を派遣したとき,船大将にその名がみえる。元和・寛永期(1615~44)に長崎から呂宋に渡航して活躍した人物であろう。子孫は孫の代の享保14(1729)年に絶えている。墓は長崎市長照寺裏山に現存。<参考文献>中田易直『近世対外関係史の研究』

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

糸屋隋右衛門の関連キーワードコルネイユ(Pierre Corneille)徳川家光ケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪キョセム・スルタン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android