コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由比正雪 ゆいしょうせつ

百科事典マイペディアの解説

由比正雪【ゆいしょうせつ】

江戸前期の軍学者。由井とも書く。駿河(するが)国由比の生れとも同国宮ヶ崎の生れともいう。江戸へ出て塾を開き楠流軍学を講義して門弟多数を得た。1651年徳川家光の死に際し,幕閣への批判と旗本救済を掲げて幕府転覆を企図したが,事前に露見し駿府で自殺。
→関連項目武断政治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由比正雪 ゆい-しょうせつ

1605-1651 江戸時代前期の軍学者。
慶長10年生まれ。楠流の軍学をまなび,江戸で旗本や浪人におしえた。出自・経歴には諸説があり不明な点がおおい。丸橋忠弥,金井半兵衛らと幕府転覆をはかったが,内通により発覚し,慶安4年7月26日駿府(すんぷ)茶町の旅宿で自害した(由比正雪の乱)。47歳。のち事件は浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎などに劇化された。姓は由井とも。通称は松雪,張孔堂先生。
【格言など】不肖の志徒(いたず)らに成り候(遺書)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

由比正雪

没年:慶安4.7.26(1651.9.10)
生年:慶長10(1605)
江戸前期の軍学者,慶安事件の首謀者。その事跡については,史実よりも俗説で論じられることが多く,出生についても駿河国(静岡県)由比の染物屋の子とする説,駿河国浅間宮ケ崎の岡村弥右衛門の子とする説などがあり定かでない。のち江戸に出て楠木正成の子孫と称する軍学者楠不伝の門に入り,そのあとを継いで楠流軍学を教え,その教えをこうものは旗本,大名の家来,浪人など3000人を数えたという。慶安4(1651)年,世情動揺を奇貨として,同志の丸橋忠弥,金井半兵衛らとはかり,幕府転覆を企てたが,内部からの訴人によって事前に発覚,一党はことごとく召し捕らえられた。そのとき正雪は,駿河の久能山を占拠してから駿府城を攻略する準備のため,駿河茶町の旅館梅屋に逗留中であったが,事の露見を知って自刃した(慶安事件)。この事件では御三家のひとつ紀州徳川頼宣の名が利用された。正雪による謀反の目的については,キリシタン説,尊王討幕説,幕政改革説(正雪自身が書置に残す),浪人救済説などの諸説があるが,現在では浪人救済説が妥当とされている。この点で事件の6年後に生まれた新井白石が正雪の弟子からの聞き書きを残しているのは興味深い。白石自身,浪人生活の苦しさを知っており,正雪に同情的である。この事件のあと幕府の厳しい浪人政策が改められたのも事実である。 正雪や慶安事件は,のち浄瑠璃や歌舞伎で劇化された。享保14(1729)年大坂竹本座で竹田出雲らが上演したのがはじまりだが,当時は,名前や時代を変えて脚色されていた。明治になってはばかりなく上演できるようになり,明治3(1870)年の東京守田座を皮切りに「慶安太平記」の通称でしばしば上演されている。<参考文献>進士慶幹『由比正雪』

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

由比正雪

唐十郎による戯曲。1968年、劇団状況劇場により初演。1969年、第14回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由比正雪
ゆいしょうせつ
(1605?―1651)

近世初期の浪人。軍学者。幕府覆滅を図った慶安(けいあん)事件の主謀者。姓は由井とも書く。正雪は号で名は正真(正之とも)。駿河(するが)(静岡県)由比(現静岡市)の紺屋の生まれといわれるが、幕府史料では父は岡村弥右衛門(やえもん)といい、駿河の浅間(せんげん)神社近辺(静岡市内)に住んでいたと伝えられる。正雪が江戸に出て事件を起こすまでの経歴は不明であるが、後代の実録『慶安太平記』などによれば、幼少のころ近くの寺に弟子入りしたが、まもなく寺を出て、軍学者高松半兵衛(半平とも)に見込まれて養子となり高松与四郎と称した。養父の死後江戸に出て浅草の菓子屋の鶴屋弥次右衛門(つるややじえもん)の養子となり、さらに楠木正成(くすのきまさしげ)の後裔(こうえい)と称する楠不伝(くすのきふでん)に楠流の軍学を学び、その養子となったが、1633年(寛永10)養父を毒殺して家伝の書物と牛込榎町(うしごめえのきちょう)の広大な道場を横領し、張孔(ちょうこう)堂(兵法家張良(ちょうりょう)、孔明(こうめい)にちなむ)の看板を掲げ、旗本や大名の家臣、浪人など3000人の門弟を指南したといわれる。ただし新井白石(あらいはくせき)は、正雪の弟子から聞いた話として、正雪の道場は神田連雀(れんじゃく)町の五間(いつま)の裏店であったこと、『平家物語評判』という書物を著したこと、などを書き残している。事件発覚後に全国に触れられた幕府の手配書は正雪の特徴を、「年四十あまり、がっそう(総髪)、せい小さく、色白、髪は黒く、唇は厚いが眼はくりくりとしている」としている。墓と称するものが静岡市清水区に残っている。[高木昭作]
『進士慶幹著『由比正雪』(1961・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

由比正雪の関連キーワード美国四民乱放記碁太平記白石噺吉田初右衛門熊谷三郎兵衛佐野 天声小塚 空谷小泉策太郎藤原 マキ保科正之末期養子琴 糸路徳川家綱松平信綱魔界転生山下直哉駒井親昌小泉三申大盗禅師鈴木麻理石谷貞清

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由比正雪の関連情報