糸瓜の皮(読み)ヘチマノカワ

  • の 皮(かわ)
  • へちま
  • へちまのかわ〔かは〕
  • 糸=瓜の皮
  • 糸瓜

デジタル大辞泉の解説

ヘチマの果実の外皮。
ヘチマの果実から外皮や種子を取り去って、繊維だけにしたもの。垢(あか)すりや靴の底敷きなどに用いる。
へちま2」に同じ。
「恩も礼義も忠孝も死ぬる身には―」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ヘチマの実の外皮。
ヘチマの実の外皮や種子などを取り除き、日にさらして得た淡黄色の繊維。垢あかすりや靴の敷き皮などに用いる。
何の役にも立たないもの、ごくつまらないもののたとえ。 -とも思わない=少シモ気ニトメナイ 恩も礼義も忠孝も死ぬる身には-/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

① ヘチマの外皮。
② ヘチマの種子などを取り除いたあとの繊維。垢すりなどに用いる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ つまらないもの、とるにたりないもの、役にたたないもののたとえ。問題にもしない、という時にもいう。へちまの皮袋。へちまの根。
※浮世草子・元祿大平記(1702)四「此上は命もなんのへちまの皮(カハ)とにくからぬ心ざし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android