コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀逸 きいつ

世界大百科事典 第2版の解説

きいつ【紀逸】

1695‐1762(元禄8‐宝暦12)
江戸中期の俳人。姓は慶。四時庵,自生庵,十明庵,硯田舎,竹尊者,倚柱子などと号す。神田の鋳物師で本名は椎名土佐。1740年(元文5)に江戸座の点者となり,高点句集《武玉川(むたまがわ)》を続刊して時流に投じた。都会的人事句の流行は,のちの俳諧味も尊重した川柳評に大きく影響した。編著《黄昏日記》《雑話抄》《歳花集》《吾妻舞》など。俳文和詩にも長じていた。〈二夜啼一夜は寒しきりぎりす〉(《武玉川》)。【鈴木 勝忠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きいつ【紀逸】

けい紀逸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀逸
きいつ
(1695―1762)

江戸中期の俳人。本名椎名件人(しいなかずひと)。通称兵蔵。慶(けい)氏を称す。別号四時庵(しいじあん)、硯田社(けんでんしゃ)、倚柱子(いちゅうし)、自生庵(じしょうあん)、短長斎(たんちょうさい)、十明庵(じゅうみょうあん)など。幕府御用御鋳物(いもの)師、椎名兵庫(伊予)の次男で、鋳物師として椎名土佐を名のった。不角(ふかく)、白峰(はくほう)、祇空(ぎくう)などに俳諧(はいかい)を学び、四時庵として独立。さらに、1740年(元文5)江戸座宗匠のグループに加わり、俳諧点者の生活に入る。50年(寛延3)高点付句集『武玉川(むたまがわ)』を選んで、軽妙洒脱(しゃだつ)な江戸風を大いに広めた。編著に『平河文庫(ひらかわぶんこ)』『吾妻舞(あづままい)』『雑話抄(ざつわしょう)』などがある。江戸谷中(やなか)・竜泉寺に葬る。なお、紀逸の号は代々継承され、4代幕末に及ぶ。[岩田秀行]
 うつり気の一口づつや花の蝶(てふ)
『前田雀郎著「慶紀逸と『武玉川』」(『川柳探求』所収・1958・有光書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紀逸の言及

【武玉川】より

…俳諧高点付句集。1750年(寛延3)から56年までに10編,以後《燕都枝折(えどしおり)》と改題して5編,紀逸撰。1771年から76年まで2世紀逸撰で3編,計18編となる。…

※「紀逸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

紀逸の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)柄井川柳木室卯雲炭太祇慶紀逸太祇