約定利率(読み)ヤクジョウリリツ

  • やくじょうりりつ ヤクヂャウ‥
  • やくじょうりりつ〔ヤクヂヤウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

契約当事者間で定められた利子率をいう。契約自由の原則からすれば、いかなる利子率を定めることも可能だが、その最高限は利息制限法(上限金利は年利率15~20%)、出資法(上限金利は年利率29.2%)によって制限を受ける。なお、利子率の約定がない場合には法定利率が適用される。利用者が返済を怠った場合の遅延損害金は、利息制限法で元金10万円未満年29.2%、10万円以上100万円未満年26.28%、100万円以上年21.9%とされている。[村本 孜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 当事者の契約で定められた利率。法律の規定によって定められた法定利率に対するもの。利息制限法の制限を受ける。〔民法(明治二九年)(1896)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の約定利率の言及

【利息】より

…利率とは元本に対する利息の割合であって,元本利用の一定期間を単位として定められる。利率には,契約によって定まる約定利率と法律の規定によって定まる法定利率とがある。法定利率は民事の場合年5分(民法404条),商事の場合年6分(商法514条)である。…

※「約定利率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android