コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納受 ノウジュ

デジタル大辞泉の解説

のう‐じゅ〔ナフ‐〕【納受】

[名](スル)
金銭・物品などを受け取りおさめること。受納。「寄付を納受する」
神仏が願いなどを聞き入れること。
「天神も御―ない事はあるまい」〈虎明狂・連歌盗人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうじゅ【納受】

( 名 ) スル
受けおさめること。受納。
(神仏などが)人の願いを聞き入れること。 「重盛、権現に申し入る旨有りき。御-あるにこそ/盛衰記 11

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

納受の関連キーワード嚢・囊・悩・惱・曩・濃・納・能・脳・腦・膿・農安敬尼盛衰記受納何ぞ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android