コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納棺 ノウカン

デジタル大辞泉の解説

のう‐かん〔ナフクワン〕【納棺】

[名](スル)遺体を棺の中に納めること。入棺。「遺族の手で納棺する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

葬儀辞典の解説

納棺

一般には枕経の後、通夜の前に遺族や親族の手で、遺体を棺に納めます。その際、故人が生前、大切にしていた物を入れることもあります。ただし、金属・ガラス製品類を入れるのを控えます。また、地域によっては、納棺専門の業者が行う場合もあります。

出典|葬儀ベストネット葬儀辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

のうかん【納棺】

( 名 ) スル
死体を棺に納めること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の納棺の言及

【葬式】より

…額には三角頭巾をし,手甲,脚絆(きやはん),わらじばきで,六道銭の入った頭陀袋(ずだぶくろ)もつける。これらのほかは何もつけずに納棺する所もある(滋賀県志賀町北小松)。村床が頭をそり,若い女性には化粧をして納棺する。…

※「納棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

納棺の関連情報