純正調オルガン(読み)ジュンセイチョウオルガン

大辞林 第三版の解説

じゅんせいちょうオルガン【純正調オルガン】

田中正平(1862~1945)によって考案されたオルガン。オクターブに二〇個の鍵を有し、純正律にほぼ等しい、澄んだ美しい協和音が得られる。1892年(明治25)完成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

純正調オルガン
じゅんせいちょうおるがん

純正調での演奏の可能なハルモニウムおよびオルガンの総称。普通は田中正平(しょうへい)がドイツ留学中に創案し、論文『純正調の領域の研究』(1890)とともに発表し、ハンス・フォン・ビューローによって「エンハルモニウム」Enharmoniumと名づけられた楽器をさす。この楽器は、微分音を区別するために黒鍵(こっけん)が2または3に分割されており、1オクターブ間に20の鍵を有する。このため、平均律で調律された普通の1オクターブ12鍵のオルガンでは出せない、ほぼ純正調の音律が出せるようにくふうされている。演奏には特別な楽譜を用いる。田中は帰国後、日本でもさらに改良を加えて数台製作したが、実用化までは至らなかった。なおこの楽器は今日、東京芸術大学など数か所に保存されている。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅんせいちょう‐オルガン ‥テウ‥【純正調オルガン】

〘名〙 (オルガンはorgão) 純正調音律を演奏できるハルモニウムおよびオルガン。一オクターブ間に二〇の鍵を有する。音楽学者田中正平が、一八九〇年ドイツ留学中に発明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android