コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中正平 たなかしょうへい

6件 の用語解説(田中正平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中正平
たなかしょうへい

[生]文久2(1862).5.15. 兵庫
[没]1945.10.16. 千葉
音楽学者,物理学者東京帝国大学理学部物理学科卒業 (1882) 。2年後ドイツに留学,音響学者 H.ヘルムホルツのもとで研鑽し,1889年純正調の理論および純正調リード・オルガンを創案して発表,92年には純正調パイプ・オルガンを完成して,バイオリニスト J.ヨアヒムと合奏,試演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐しょうへい〔‐シヤウヘイ〕【田中正平】

[1862~1945]物理学者・音楽理論家。兵庫の生まれ。ドイツでヘルムホルツに師事、音階の純正調理論を研究し、純正調オルガンを発明。邦楽にも理論的解明を与えた。著「純正調の研究(独文)」「日本和声の基礎」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中正平 たなか-しょうへい

1862-1945 明治-昭和時代前期の音楽学者,物理学者。
文久2年5月15日生まれ。明治17年ドイツに留学,ヘルムホルツに音響学をまなび,23年世界ではじめて純正調オルガンの試作に成功した。帰国後,鉄道院鉄道試験所長をへて田中電機研究所を創立。また自宅に邦楽研究所をひらき,おおくの邦楽曲を採譜した。昭和20年10月16日死去。84歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中正平

没年:昭和20.10.16(1945)
生年:文久2.5.15(1862.6.12)
明治から昭和にかけての音響学者,電気学者,音楽学者。淡路国(兵庫県)三原郡出身。明治15(1882)年東京大学物理学科卒業,2年後ベルリン大学に留学,ヘルムホルツに音響学を学んだ。在独中,世界初の純正調オルガンを製作,ドイツ皇帝の前でバイオリン奏者ヨアヒムと合奏した。32年帰国後は日本鉄道株式会社技師,鉄道試験所長,田中電機研究所長,大日本音楽協会理事長などを歴任,また自宅に邦楽研究所を設けて邦楽およそ3000曲の洋式五線譜作成に尽くす一方,美音会,美音倶楽部を組織して邦楽の普及向上に努めた。昭和12(1937)年度朝日賞受賞。<著作>『日本和声の基礎』

(中村洪介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たなかしょうへい【田中正平】

1862~1945) 物理学者・音響学者。兵庫県生まれ。東大卒。ドイツのヘルムホルツの下で純正調音階理論を研究し、純正調オルガンを製作。また、音楽振興にも尽力した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中正平
たなかしょうへい
(1862―1945)

物理学者、音楽学者。淡路島(兵庫県)生まれ。1882年(明治15)東京大学理学部物理学科を卒業。1884年文部省留学生としてドイツに3年間留学を命ぜられ、なお私費で1899年まで滞在し、その間ヘルムホルツらに師事して音響学や電磁気学を研究した。そして1890年には独自の純正調理論とそれに基づく純正調オルガンを製作発表し、ドイツ皇帝に拝謁を許され、称賛を得るなど、西洋音楽理論史上に残る大きな業績をあげた。帰国後、鉄道技師として要職につくとともに、邦楽研究所を設け、邦楽の育成と研究にも力を注ぎ、日本の音楽学の草分けとなった。[白砂昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中正平の言及

【楽譜】より

…近世邦楽のほとんどが律旋陰音階(都節の音階)であるため,諸音の関係はミ,ファ,ラ,シ,ドあるいはレ,ミに当たり,これを調号なしで記譜するようになった。みずからも作譜して推進したのは音響学の研究で知られる音楽学者田中正平(1862‐1945)である。この場合三味線の基調である本調子の一の糸が楽譜上のロ音となり,男声の歌唱音域である平調律旋陰音階とほぼ合っていた。…

※「田中正平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中正平の関連キーワード上田耕甫聟島唐行き旧帝大音響学の法則小杉放菴ガラス乾板今堀克巳荻江ひさ佐藤孝二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone