素馨(読み)ソケイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐けい【素×馨】

モクセイ科の常緑低木。高さ約1メートル。ジャスミンの一種。葉は楕円形の小葉が5~9枚ついた羽状複葉。夏、芳香のある白色の小花をつける。花は香料の原料。インドの原産。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そけい【素馨】

モクセイ科の常緑低木。インド原産。観賞用に栽培。ジャスミンの一種。葉は奇数羽状複葉。夏、高坏たかつき形で先が四裂する香りのよい白花を集散花序につける。花から香油をとる。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素馨の関連情報