累祖(読み)るいそ

精選版 日本国語大辞典「累祖」の解説

るい‐そ【累祖】

〘名〙 累代先祖代々の先祖。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※平家(13C前)七「汝等は一旦したがひつく門客にあらず、祖相伝の家人也」 〔晉書‐凉武昭王伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累祖」の解説

るい‐そ【累祖】

累代の先祖。代々の先祖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「累祖」の解説

【累祖】るいそ

先祖代々。また、道祖神の名。〔群碎録、祖道の子累好みに死せり。故に後人之れを祭り、以て行と爲し、因りて享飮す。

字通「累」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android