細谷 省吾(読み)ホソヤ セイゴ

20世紀日本人名事典の解説

細谷 省吾
ホソヤ セイゴ

昭和期の細菌学者 東京大学名誉教授。



生年
明治27(1894)年10月22日

没年
昭和32(1957)年4月16日

出生地
東京

旧姓(旧名)
中村

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔大正8年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正14年〕

主な受賞名〔年〕
北里研究所浅川記念賞〔昭和2年〕「システインによる嫌気性菌の新培養法」,朝日賞〔昭和13年〕「細菌毒素の精製と応用」,総理大臣賞(発明賞)〔昭和30年〕「トリコマイシンの製造法」

経歴
伝染病研究所を経て昭和5年東大助教授、11年台北帝大教授兼東大教授。13年東大教授兼台北帝大教授。30年東大定年退官、名誉教授。日本抗生物質学術協議会常務理事、日本細菌学会総務幹事を務めた。ペニシリンの開発に尽力、トリコマイシンを発見した。著書に「化膿性疾患の細菌叢と免疫療法」「ジフテリア予防」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android