コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細谷省吾 ほそや せいご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細谷省吾 ほそや-せいご

1894-1957 昭和時代の細菌学者。
明治27年10月22日生まれ。昭和13年母校東京帝大の教授となり,台北帝大教授を兼任抗生物質の研究に従事し,ペニシリンの開発につとめ,トリコマイシンを発見した。昭和32年4月16日死去。62歳。東京出身。旧姓は中村。著作に「化膿性疾患の細菌叢と免疫療法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の細谷省吾の言及

【抗生物質】より

…今までに見つけられているものは,毒性が強く,主として外用で用いられる。ナイスタチン(1947),トリコマイシン(細谷省吾発見,1952),アンフォテリシンB(1955),ピマリシン(1955),ペンタマイシン(梅沢純夫発見,1958)などは,化学構造からポリエンマクロライド抗生物質と呼ばれる。これらは白癬菌,カンジダなどに作用するが,経口で吸収されず,注射では毒性が強い。…

※「細谷省吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細谷省吾の関連キーワード昭和時代