コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終身定期金契約 しゅうしんていききんけいやく

1件 の用語解説(終身定期金契約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしんていききんけいやく【終身定期金契約】

当事者の一方が自己,相手方または第三者の死亡に至るまで,定期に金銭その他の物を相手方または第三者に給付することを約することによってその効力を生ずる契約をいう(民法689条)。他人を扶養するためや財産の譲渡の対価を支払う方法として行われる契約であり,身体への被害を生じた場合の損害賠償の支払方法としても用いうるが,日本では今までのところあまり行われていない。終身定期金は,日割で計算する(690条)。定期金債務者が定期金の給付を怠った場合またはその他の義務を履行しないときは,相手方は定期金の元本の返還を請求することができる(691条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

終身定期金契約の関連キーワード擬制自白雇用相手方証拠金証拠抗弁静的安全第三者当事者参加生命保険契約雇用契約

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone