コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終身定期金契約 しゅうしんていききんけいやく

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしんていききんけいやく【終身定期金契約】

当事者の一方が自己,相手方または第三者の死亡に至るまで,定期に金銭その他の物を相手方または第三者に給付することを約することによってその効力を生ずる契約をいう(民法689条)。他人を扶養するためや財産の譲渡の対価を支払う方法として行われる契約であり,身体への被害を生じた場合の損害賠償の支払方法としても用いうるが,日本では今までのところあまり行われていない。終身定期金は,日割で計算する(690条)。定期金債務者が定期金の給付を怠った場合またはその他の義務を履行しないときは,相手方は定期金の元本の返還を請求することができる(691条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android