コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組立て除法 くみたてじょほう synthetic division

2件 の用語解説(組立て除法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組立て除法
くみたてじょほう
synthetic division

整式 f(x)=a0xna1xn-1+…+anx-α で割った商を q(x) ,剰余を r (定数) とすると,f(x)=q(x)(x-α)+r となるが,この q(x) と r を実際に求めるのに, q(x)=b0xn-1b1xn-2+…+bn-1 とおき,運算方式によって,b0a0b1a1b0α , b2a2b1α ,… ,bn-1an-1bn-2α ,ranbn-1α を求める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

組立て除法
くみたてじょほう

xについての整式をxの一次式で割るとき、その商と余り(定数)を求める簡便な計算法をいう。整式
  f(x)=a0xn+a1xn-1+……
   +an-1x+an
を一次式x-αで割ったときの商を
  q(x)=b0xn-1+b1xn-2+……
   +bn-2x+bn-1
余りをrとすると、f(x)=(x-α)q(x)+rの恒等式が成り立つ。右辺を展開して左辺の同類項の係数を等置すると、次の関係式が得られる。
  b0=a1, b1=a1+b0α, b2=a2+b1α,……,
   bn-1=an-1+bn-2α, r=an+bn-1α
 これによって商の各項の係数と余りrは、形式化して求めることができる。この方法を組立て除法という。[竹内芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組立て除法の関連キーワード因数定理加法定理逆関数スターリングの補間公式整式代数方程式判別式立方終結式ホモトピー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone