コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営比較 けいえいひかくbusiness comparison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営比較
けいえいひかく
business comparison

企業の状態を時間的に比較分析したり,他企業と比較して,その差異を明らかにし,企業活動の良否適否を判断する方法。経営分析では経営比較が行われることが多い。比較分析のアプローチには同一企業の異なる2期間のデータを比較する場合 (内部比較) と,異なる企業間の同一期間のデータを比較する場合 (相互比較) とがある。前者は企業の信用を調査するためにアメリカで発展し,後者は第1次世界大戦後にドイツの経済復興の一環としてドイツにおいて発展した。 E.シュマーレンバハは経営比較を後者のアプローチに限定している。比較に用いられるデータの種類により財務比較,原価比較,技術比較に分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営比較
けいえいひかく
Betriebsvergleichドイツ語

同一期間または同一時点におけるある企業の財務数値(損益計算書、貸借対照表データ)を他の企業の財務数値と比較・分析し、企業内容の相対的な良否を判定しようとする手法。相互比較ともよばれ、第一次世界大戦後にドイツで行われるようになったものである。比較の対象としては、(1)自社と同業他社、(2)自社と同業数社、(3)自社と同業全社の平均(標準)値、などがあげられる。また比較すべき財務数値についても、(1)実際数値どうし、(2)実際数値と平均(標準)数値のケースがある。さらに広義の経営比較にあっては、財務数値のみならず、技術力、人員数、社会的責任達成度、成長力などをも加味した経営の総合力を一定の測定尺度で表現し、比較、順位づける試みも一般的になってきている。経営比較を有効に行うためには、比較される企業間において同一の会計処理がなされていること、企業規模、業種、会計期間、比較数値の分類・表示などで著しい相違がないこと、が必要とされる。なお、最近は経営分析においても異なる企業経営を比較することが不可欠となってきたため、経営比較と経営分析とは同じ意味に用いられることが多くなっている。[佐藤宗弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

経営比較の関連キーワードコンテンラーメン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android