コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営分析 けいえいぶんせき

6件 の用語解説(経営分析の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

経営分析

企業経営の問題点を明確にするために、収益性・安全性・流動性・成長性・生産性などを改善する財務諸表を定量的に分析すること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいえい‐ぶんせき【経営分析】

貸借対照表損益計算書などの財務諸表や原価資料などを分析・比較・検討して、企業の財政状態および経営成績の良否を明らかにすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいぶんせき【経営分析 financial statement analysis】

財務諸表を中心とする財務情報や企業内外の諸情報を用いて,企業活動の適否を吟味したり企業資本を評価すること。財務諸表分析ともいう。分析目的により,信用分析投資分析内部管理分析などに分類することができる。アメリカでは,19世紀に萌芽が認められ,その後企業規模の拡大,金融市場証券市場の発達,会計制度の標準化を背景に徐々に整い,第1次大戦前後に確立し,第2次大戦後さらに発展した。日本ではこのアメリカの影響が強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいえいぶんせき【経営分析】

貸借対照表・損益計算書などの財務諸表や企業内外の諸情報を資料として、企業の収益力や、財政状態を分析・判断すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営分析
けいえいぶんせき
analysis of financial statements

企業の経済活動を分析し,企業内容を把握するとともに良否適否を判断すること。主として財務資料の分析を通して行われるが,内部比較,相互比較などの経営比較によって行われることが多い。経営分析はさまざまの見地から分類されるが,まず経営状態を分析する主体が企業内部の者であるか,外部の者であるかによって内部分析外部分析とに分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営分析
けいえいぶんせき
business analysis英語
Betriebsanalyseドイツ語

分析的方法によって企業内外の諸資料や諸情報を検討し、企業の財政状態および経営成績の良否を判断する手法をいう。その中心をなすのが、企業が作成し発表する財務数値の分析であることから、財務分析、財務諸表分析ともよばれ、また最近の経営分析では異なる企業経営の比較・分析が不可欠であるため、経営比較も同じ意味に用いられることが多くなってきている。
 経営分析は、アメリカにおいて銀行業者が、融資先や投資先である企業の債務返済能力や財産状態の良否を知るために貸借対照表の提出を求め、これを詳細に分析したことに起源するといわれる。これは信用分析とよばれ、現在でも銀行の審査部で行われている。その後、投資家の立場からする企業の収益性や成長性を重視するような投資分析、国の産業行政運営の資料をつくるための経営分析などが行われるようになり、第一次世界大戦後には、企業内部者(管理者)の立場からする業務管理目的の詳細な数値を使用した原価分析や損益分岐点分析などへと発展した。さらに最近は、大規模企業内部の部門や事業部、関連会社の経営分析から国際間の企業比較までに及ぶとともに、連結財務諸表制度の導入とともに、個別企業のみならず企業集団(在外子会社も含む)全体の経営分析を行うことが必要不可欠になってきている。[佐藤宗弥]

種類

経営分析は種々の観点から分類できる。まず、だれに役だつ情報を提供するか、という分析主体の種類に応じて、大きく外部分析と内部分析に区分される。外部分析とは、企業外部の利害関係者のために行われる分析であり、債権者が主体となる信用分析、投資家や取引業者が主体となる投資分析、証券アナリストが主体となる証券分析、税務当局による税務分析、公認会計士や経営コンサルタントが主体となる監査分析・経営診断などのほか、各官庁が法に基づいて行う各種の業務・財務調査に付随する分析があげられよう。内部分析とは、企業内部の経営管理者の経営管理に役だつ情報を提供するために行われる分析であり、外部分析に比べると資料が入手しやすいため、より現実的かつ精細なデータに基づく分析が行われる。
 次に分析目的別の区分が考えられるが、これによると収益性分析、流動性分析、財務安全性分析、生産性分析などに分けられる。収益性分析は、企業が投下した資本に対してどれだけの収益をあげているかをみるもので、利益と投下した資本との割合を示す資本利益率、売上高に占める利益の割合を示す売上高利益率、資本の回転速度を示す資本回転率などの分析が中心をなしている。流動性分析は企業の短期的な支払能力をみるための分析で、流動資産の流動負債に対する割合を示す流動比率、当座資産の流動負債に対する割合を示す当座比率などの分析が中心となる。財務安全性分析は企業の長期にわたる安全性(堅実性)をみるもので、固定資産が自己資本でまかなわれている割合を示す固定比率、負債の自己資本に対する割合を示す負債比率などの分析が中心となっている。生産性分析は企業の生産性および社会性をみるもので、産出量と労働投入量との割合を示す労働生産性、単位労働時間当りの付加価値を示す付加価値生産性などがよく知られている。
 次にいかなる業務分野を対象にするかによって、財務分析、原価分析、非財務分析に区分される。財務分析では、企業と外部との取引により生ずる経済価値変動の良否が対象とされ、他方、原価分析では、企業内部の生産活動に伴う経済価値変動が対象とされる。非財務的分析としては、たとえば社会的責任達成度合いを表すような各種指標、従業員福祉責任達成度合いを表すような各種指標、技術力、企業イメージ、合理化・省エネ・目標管理など各種管理活動の成果測定などがあげられる。[佐藤宗弥]

方法

経営分析の方法は、分析・比較すべき指標に何をとるかによって、実数法、比率法、趨勢(すうせい)法などに分けられる。実数法は、企業数値をそのままなんら加工せずに列挙し、比較する方法である。外部分析にあっては、公表財務諸表上の勘定科目数値がこれに相当する。内部分析では、各部門別の実際原価データなどがこれに相当するが、ときには標準原価や予算数値も分析の対象に加えられる。比率法は、二つの実数間の割合をとって、2変数間に存在している因果関係の大小をもって経営状況の良否の判定資料とするものである。比率法はさらに関係比率法と構成比率法とに分けられる。関係比率法は、利益と資本の比率のように項目相互の関係を比率で示して分析する方法であり、構成比率法は、基準項目を100として、その内訳項目の占めている割合を百分率で示し、項目相互の関連を比較・分析するものである。趨勢法は、基準年度の数値を100として、それ以降の年度の数値を指数で表示し、その変動を分析するものである。
 また、企業数値の比較方法には期間比較と相互比較とがある。期間比較は、同一企業の数値を異なる時点または期間について、いわば時系列的に比較・分析する方法で、自己比較ともいう。相互比較は、異なる企業間の同一時点または同一期間の数値を比較・分析するものである。[佐藤宗弥]
『松本雅男・青木茂男著『最新経営分析』(1982・千倉書房) ▽古川栄一著『経営分析』3訂版(1980・同文舘出版) ▽横浜市立大学会計学研究室編『管理会計論』(1979・同文舘出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経営分析の言及

【会計学】より

…財務会計論は,(a)簿記論,(b)財務諸表論,(c)原価計算論,(d)会計監査論等から構成されている。また管理会計論は,(e)原価計算論,(f)予算統制論,(g)経営分析論,(h)内部監査論等を内容としている。端的にいうならば,財務会計論は会計士会計学として,また管理会計論は経営者会計学として,それぞれ特徴づけることができる。…

※「経営分析」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経営分析の関連キーワード中間財務諸表連結財務諸表財務分析セグメント情報会計基準個別財務諸表財務諸表論財務報告財務報告の信頼性連結の範囲

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経営分析の関連情報