コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城秀伴 ゆうき ひでとも

1件 の用語解説(結城秀伴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城秀伴 ゆうき-ひでとも

1824-1897 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
文政7年生まれ。国学を大国隆正にまなぶ。父の跡をついで京都曇華院(どんげいん)の家令となる。小松帯刀(たてわき),後藤象二郎,大原重徳(しげとみ)らとまじわり活動。維新後は宮内省につとめ,岡山県下の郡長をへて同県の中山神社宮司となった。明治30年9月7日死去。74歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

結城秀伴の関連キーワードルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)フィリピン革命宇都宮黙霖菅政友宇都宮黙霖菅政友

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone