コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城秀伴 ゆうき ひでとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城秀伴 ゆうき-ひでとも

1824-1897 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,神職。
文政7年生まれ。国学大国隆正にまなぶ。父の跡をついで京都曇華院(どんげいん)の家令となる。小松帯刀(たてわき),後藤象二郎,大原重徳(しげとみ)らとまじわり活動。維新後は宮内省につとめ,岡山県下の郡長をへて同県の中山神社宮司となった。明治30年9月7日死去。74歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

結城秀伴の関連キーワード明治時代運動家尊攘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android