コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松帯刀 こまつたてわき

9件 の用語解説(小松帯刀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小松帯刀
こまつたてわき

[生]天保6(1835).10.10. 薩摩
[没]明治3(1870).7.10. 大阪
幕末における薩摩藩重臣。肝付 (きもつき) 兼善の3男,のち小松清猷の養子となる。通称は清廉。島津久光の側役となり,藩政改革に尽力し,人材の登用に努めた。文久2 (1862) 年 12月,同藩家老となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐たてわき〔‐たてはき〕【小松帯刀】

[1835~1870]幕末の薩摩藩士。名は清廉。島津久光の側近となり、藩を代表して国事に従事。薩長同盟締結、大政奉還に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小松帯刀【こまつたてわき】

幕末の薩摩(さつま)鹿児島藩士。名は清廉(きよかど)。島津久光の側近として大久保利通らの藩内下級武士を多く要職につかせ,家老に進んだ後は大久保西郷隆盛らとともに討幕派公卿・諸藩の間を奔走。
→関連項目薩長同盟薩土盟約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松帯刀 こまつ-たてわき

1835-1870 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)6年10月14日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久2年家老となり,大久保利通らと藩政改革を推進。慶応2年(1866)西郷隆盛とともに,木戸孝允(たかよし)らとの間で薩長同盟をむすぶ。維新後は新政府の総裁局顧問などに就任,大久保らと版籍奉還も画策した。明治3年7月20日死去。36歳。本姓は肝付。名は清廉。幼名は尚五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小松帯刀

没年:明治3.7.20(1870.8.16)
生年:天保6.10.14(1835.12.3)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,維新政府の官僚。喜入領主肝付兼善の3男に生まれ小松清猷の養子となる。文久1(1861)年島津久光の人材登用により側役,翌2年久光の率兵上洛に随従し,帰藩後家老。元治1(1864)年7月京にあって禁門の変に参加。以来,西郷隆盛,大久保利通と共に実質的に藩政を指導,京と鹿児島を往復すること連年におよんだ。慶応2(1866)年1月西郷と木戸孝允を京の藩邸に迎え,薩長連合を締結。同3年5月京の自宅に中岡慎太郎,乾(板垣)退助の訪問を受け,西郷と共に武力討幕論を聞く。同6月,西郷,大久保と共に後藤象二郎との間に薩土盟約を交わす。同10月西郷,大久保と共に討幕の密勅を受け,大政奉還の実現を朝廷,幕府に進言し出京。山口に入り,長州藩と討幕戦略を協議し帰藩。王政復古の政変のときは鹿児島にいて後方支援に当たった。明治1(1868)年1月上洛し参与,総裁局顧問,外国官副知事,翌2年9月賞典禄1000石を受ける。翌年病を得て大阪に没した。年36歳。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

こまつたてわき【小松帯刀】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、幕末の薩摩藩家老で維新政府でも要職を務めた小松帯刀にちなみ命名。南さつま市川畑の地下水と黒麹を使用し、低温発酵で造った醪(もろみ)を常圧蒸留する。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「吹上焼酎」は明治29年(1896)創業。所在地南さつま加世田宮原。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こまつたてわき【小松帯刀】

1835‐70(天保6‐明治3)
江戸末期の薩摩藩家老。諱(いみな)は清廉。大久保利通ら誠忠組の指導者となり,島津久光に随従して上京,公武の間を周旋し,1864年(元治1)の禁門の変の処理,66年(慶応2)の薩長同盟の締結,翌年の将軍徳川慶喜の大政奉還の勧奨など,つねに藩の代表者として活躍した。ついで藩主忠義を説いて倒幕出軍を実現し,さらに版籍奉還・藩政改革に当たったが,大阪で病没。【原口 虎雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こまつたてわき【小松帯刀】

1835~1870) 幕末の志士。薩摩藩士。名は清廉。島津久光の藩政改革に参与。また、京都で討幕・大政奉還に尽力。西郷隆盛らとともに薩長同盟を結ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小松帯刀
こまつたてわき
(1835―1870)

幕末の政治家。天保(てんぽう)6年10月14日、薩摩(さつま)藩門閥肝付(きもつき)氏の三子に生まれ、のち小松清猷の養子となり帯刀清廉と称す。1861年(文久1)島津久光(しまづひさみつ)の側詰で側役勤となり、1862年家老、薩摩藩公武合体運動を大久保利通(としみち)らと推進した。以後、京都を中心に幕府や諸藩との交渉に活躍、1866年(慶応2)西郷隆盛(たかもり)とともに長州藩士木戸孝允(たかよし)との間に薩長盟約を結んだ。1867年土佐、安芸(あき)藩代表とともに将軍徳川慶喜(よしのぶ)に対して大政奉還を進言し、その実現に寄与した。1868年(明治1)明治政府の参与、外国官副知事。1869年賞典禄1000石を賜ったが、翌明治3年7月20日大阪で病没した。[毛利敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松帯刀の関連キーワード岩下方平高崎正風高崎五六鹿児島古薩摩鹿児島市維新ふるさと館鹿児島県薩摩川内市国分寺町伊地知貞馨井上石見大迫貞清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松帯刀の関連情報