結婚哲学(読み)けっこんてつがく(英語表記)The Marriage Circle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結婚哲学
けっこんてつがく
The Marriage Circle

アメリカ映画。1924年作品。エルンスト・ルビッチ監督。ウィーンを舞台に、富裕階層の2組の夫婦と一人の独身男が織りなす愛と嫉妬(しっと)と行き違いを、洗練されたユーモアで描いたサイレント・コメディ。数々の歴史物大作でドイツ映画を世界に知らしめたエルンスト・ルビッチがアメリカに渡り、ハリウッドにヨーロッパ風のソフィスティケートされた笑いを定着させた記念碑的傑作。ルビッチはチャップリンの『巴里(パリ)の女性』(1923)に触発されて、人間の微細な心理やそのずれから生じるほろ苦いアイロニーを、適確な映像演出で表現することに成功した。こうした彼独特のユニークな演出法は「ルビッチ・タッチ」とよばれ、内外の多くの映画人の尊敬を集めた。当時の日本の若き映画監督、小津安二郎(おづやすじろう)や成瀬巳喜男(なるせみきお)も、フィルムをじかに手にとって、この映画の編集法を学びとったといわれている。[宮本高晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

けっこんてつがく【結婚哲学】

The Marriage Circle》米国の映画。1924年作。監督はルビッチ。ウィーンの上流社会を舞台に、2組の夫婦の恋の行方を描く喜劇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android