絶入(読み)たえいる

精選版 日本国語大辞典「絶入」の解説

たえ‐い・る【絶入】

〘自ラ四〙
① 息が絶えて死ぬ。
※竹取(9C末‐10C初)「書きはつる、たえ入ぬ。是を聞てかくや姫少あはれとおぼしけり」
※今昔(1120頃か)四「僧沢、心にて形の色鮮にして起居て仏を念じ奉り、法性(ほっしゃう)を観じて絶入ぬ。即ち覩率天(とそつてん)の内院に生れぬ」
② 生気を失って、気絶する。また、ひどく困惑したり、茫然としたりする状態をいう。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「この暁よりたえいり給へりつるを〈〉やうやう生きいで給ふやうに聞きなし侍て」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「今は親よ舅よと頼る名残も切れたるかと、又たへ入て泣けるが」

ぜつ‐にゅう ‥ニフ【絶入】

読本阿波鳴門(1807)五「絶入(ゼツニフ)なしたる弓子を誘いて、おのれが隠家〈略〉にかへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「絶入」の解説

ぜつ‐じゅ【絶入】

《「せつじゅ」とも》息が絶えること。また、気絶すること。ぜつにゅう。
「かれがいかって向かふ時は大の男も―す」〈平家・五〉

ぜつ‐にゅう〔‐ニフ〕【絶入】

ぜつじゅ(絶入)」に同じ。
みずからも終に及ばずして此処に―せんと思えば」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android