絶入(読み)ゼツジュ

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐じゅ【絶入】

《「せつじゅ」とも》息が絶えること。また、気絶すること。ぜつにゅう
「かれが嗔(いか)って向かふ時は大の男も―す」〈平家・五〉

ぜつ‐にゅう〔‐ニフ〕【絶入】

ぜつじゅ(絶入)」に同じ。
「躬(みずから)も終に及ばずして此処に―せんと思えば」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜつじゅ【絶入】

( 名 ) スル
気絶すること。ぜつにゅう。 「しばらく-したりけるを/太平記 16

ぜつにゅう【絶入】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜつ‐にゅう ‥ニフ【絶入】

※読本・阿波之鳴門(1807)五「絶入(ゼツニフ)なしたる弓子を誘いて、おのれが隠家〈略〉にかへり」

たえ‐い・る【絶入】

〘自ラ四〙
① 息が絶えて死ぬ。
※竹取(9C末‐10C初)「書きはつる、たえ入給ぬ。是を聞てかくや姫少あはれとおぼしけり」
※今昔(1120頃か)四「僧沢、心に随て形の色鮮にして起居て仏を念じ奉り、法性(ほっしゃう)を観じて絶入ぬ。即ち覩率天(とそつてん)の内院に生れぬ」
② 生気を失って、気絶する。また、ひどく困惑したり、茫然としたりする状態をいう。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「この暁よりたえいり給へりつるを〈略〉やうやう生きいで給ふやうに聞きなし侍て」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「今は親よ舅よと頼る名残も切れたるかと、又たへ入て泣けるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android