絶入(読み)ゼツジュ

デジタル大辞泉の解説

ぜつ‐じゅ【絶入】

《「せつじゅ」とも》息が絶えること。また、気絶すること。ぜつにゅう
「かれが嗔(いか)って向かふ時は大の男も―す」〈平家・五〉

ぜつ‐にゅう〔‐ニフ〕【絶入】

ぜつじゅ(絶入)」に同じ。
「躬(みずから)も終に及ばずして此処に―せんと思えば」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜつじゅ【絶入】

( 名 ) スル
気絶すること。ぜつにゅう。 「しばらく-したりけるを/太平記 16

ぜつにゅう【絶入】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android