コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹垣 キヌガキ

デジタル大辞泉の解説

きぬ‐がき【絹垣】

絹のとばり。神祭りなどの際、垣のように張りめぐらして囲うもの。
きんがい(絹垣)

きん‐がい【垣/錦蓋】

伊勢神宮遷宮のとき、御神体をおおう絹の布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きぬがき【絹垣】

神祭りなどの際、垣のようにめぐらす絹布のとばり。文垣あやがき。 「亦其の山の上に-を張り帷幕を立てて/古事記 中訓
神霊遷宮の際、御神体の上面、側面をおおう絹布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絹垣の関連キーワード古事記帷幕絹布

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絹垣の関連情報