コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続資治通鑑長編 ぞくしじつがんちょうへんXu-zi-zhi tong-jian chang-bian; Hsü-tzü-chih t`ung-chien ch`ang-pien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

続資治通鑑長編
ぞくしじつがんちょうへん
Xu-zi-zhi tong-jian chang-bian; Hsü-tzü-chih t`ung-chien ch`ang-pien

中国,宋の太祖から欽宗までの9朝の編年体 (→年代記 ) の史書。南宋の李 燾 (りとう) の著。現行の 520巻は完本ではなく,徽宗,欽宗を欠くが,北宋研究の好史料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくしじつがんちょうへん【続資治通鑑長編 Xù zī zhì tōng jiàn cháng biān】

中国,北宋一代の歴史書。南宋の李燾(りとう)(1115‐84)の著作。司馬光の《資治通鑑》に続ける目的で,北宋太祖から欽宗に至る9代167年の詳細な事実を年代順に記述する。長編とは未定稿の意味。1163年(隆興1)から83年(淳熙10)の間,6回に分けて順次皇帝に上進され,本文604冊980巻,目録と挙要83巻,合計1063巻あった。現在は神宗と哲宗のかなりの部分と,徽宗,欽宗朝全部が欠落している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

続資治通鑑長編の関連キーワード宋の時代(年表)建炎以来繋年要録契丹国志