綱俊(2代)(読み)つなとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

綱俊(2代) つなとし

1836-1895 幕末-明治時代の刀工。
天保(てんぽう)7年生まれ。初代綱俊の3男。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩主伊東家につかえた。廃藩後,工部省器械場雇となり,のち独立した。明治28年11月2日死去。60歳。姓は加藤。初名は是俊。通称は助一郎。号は長運斎(2代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android