綱麻(読み)ツナソ

  • 綱▽麻
  • 綱麻 (ツナソ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 シナノキ科の一年草。インド原産で、畑に栽培される。高さ約一メートル。葉は互生して柄をもち、長楕円形で長さ五~一〇センチメートル、先はとがり縁は鋸歯(きょし)状で基部に一対の尾状の突起がある。托葉は針状。夏から秋にかけ、葉腋に小さい黄色い五弁花が数個集まってつく。果実は球状で瘤(こぶ)状のしわがある。茎の繊維をジュートといい、敷物、穀物を入れる袋をつくる。漢名、黄麻。いちび。インドあさ。《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android