綱麻(読み)つなそ

精選版 日本国語大辞典「綱麻」の解説

つな‐そ【綱麻】

〘名〙 シナノキ科一年草インド原産で、畑に栽培される。高さ約一メートル。葉は生して柄をもち、長楕円形で長さ五~一〇センチメートル、先はとがり縁は鋸歯(きょし)状で基部に一対の尾状の突起がある。托葉は針状。夏から秋にかけ、葉腋に小さい黄色い五弁花が数個集まってつく。果実は球状で瘤(こぶ)状のしわがある。繊維ジュートといい、敷物、穀物を入れる袋をつくる。漢名、黄麻いちび。インドあさ。《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綱麻」の解説

つな‐そ【綱麻】

シナノキ科の一年草。高さ約1メートル。葉は長卵形で先がとがり、葉の付け根に黄色い小花をつける。茎からジュートとよばれる繊維をとり、コーヒー豆などを入れる袋を作る。インドの原産。おうま。いちび。インドあさ。こうま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「綱麻」の解説

綱麻 (ツナソ)

学名Corchorus capsularis
植物。シナノキ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android