コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網代温泉 あじろおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網代温泉
あじろおんせん

静岡県東部,伊豆半島北東岸の温泉。熱海市南端にある。泉質食塩泉泉温は 47~58℃。湯量は豊富で旅館設備もよい。網代湾に面して保養,釣り,海水浴に適する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網代温泉
あじろおんせん

静岡県熱海(あたみ)市南部、網代地区(旧、田方(たがた)郡網代町)にある温泉。南熱海温泉ともよぶ。江川崎から赤根崎にかけての湾入は多賀火山の噴火口ともいわれるが、その海岸沿いに温泉街が発達している。網代湾に臨む網代は近海漁業の漁港であったが、1937年(昭和12)温泉を開発して観光機能を加え、1935年の熱海―網代間の鉄道開通(1938年JR伊東線全通)により発展し、1957年(昭和32)熱海市に編入された。ミカン狩り、海釣りなどの適地で、観光施設も増加している。泉質は塩化物泉。多賀地区を加えて南熱海の泉源数は24、平均湧出(ゆうしゅつ)量は毎分1756リットルである。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

網代温泉の関連キーワード静岡県熱海市網代静岡県熱海市熱海(市)網代多賀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android