コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網元・網子(読み)あみもと・あみこ

百科事典マイペディアの解説

網元・網子【あみもと・あみこ】

旧来の沿岸網漁業における経営者と労働者。網子は自己の小生産を営みながら盛漁期には網,船などを持つ網元に雇われた。江戸時代後半から広くみられるようになり,最近まで存続。地縁血縁などによる家父長的親方・子方関係であり,しばしば地主小作関係を兼ねていた。網元は,漁船・網など一式の道具のほか網子への前貸金の用意も必要で資産家でなければつとまらず,ほとんどが名主(なぬし)・酒造家など地域の有力者であった。
→関連項目親分・子分漁村

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android