親方子方(読み)おやかたこかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親方子方
おやかたこかた

親分子分または単にオヤコともいい,親子関係のない他人と親子の関係を設定すること。親方子方を保護しつつ支配し,子方は親方に奉仕し依存する。農村では,成人や結婚に際し,地主や有力者を親方として設定することが多く,烏帽子 (えぼし) 親,仲人親などともいう。親方子方は個人間の関係であるが,家と家の関係として機能する。都市では,露店商人 (てきや) ,博徒などの組織が親方子方の関係で構成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android