コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総桜 フサザクラ

2件 の用語解説(総桜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふさ‐ざくら【総桜】

フサザクラ科の落葉高木。山中に自生し、葉は広卵形で先が尾状にとがり、枝の先のほうにつく。3月ごろ、葉より先に花をつける。花びら・萼(がく)をもたず、多数の雄しべが房状に垂れ、葯(やく)は暗紅色。実は平たく、翼をもつ。樹皮から鳥もちを作る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふさざくら【総桜】

フサザクラ科の落葉高木。山中に生える。葉は広卵形で鋭い鋸歯がある。早春、葉に先立ち開花。花は花被片がなく、線形、赤色の葯やくが房になってつく。果実は上端に翼がある。タニグワ。コウヤマンサク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総桜の関連キーワード犬桜大山桜西洋実桜丁子桜豆桜峰桜山桜ウワミズザクラヒガンザクラフサザクラ