コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

督軍 とくぐんdu-jun; tu-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

督軍
とくぐん
du-jun; tu-chün

中国,民国初期の省軍政長官。 1916年7月から 25年にかけて設置された。1省の軍務を督理する軍事長官であり,大総統および陸軍部の命令下に,配下軍隊を指揮する権限を有していたが,なかには民政長官 (省長) を兼任する者もいた。軍閥混戦期,中央政府権威が失墜すると,かえってその軍事力により中央政府を動かす督軍も出現し,世論の批判を引起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とく‐ぐん【督軍】

中国で辛亥(しんがい)革命後、従来の総督巡撫(じゅんぶ)に代わって、省長とともに各省に置かれた、省の軍政の長官。のち省長を兼任して行政の実権を握って割拠し、軍閥を形成。1928年廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくぐん【督軍】

中国、1916年から24、5年にかけて、中華民国の各省に置かれた省軍政長官。本来民政に干渉するものではなかったが、民政長官(省長)を兼任し、軍閥化するものが多かった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

督軍の関連キーワードベーコンの反乱ダンモア(伯)吉田大八(1)土肥原 賢二ウチュケン山坂田虎之助江副 浜二多賀 宗之町野 武馬鄭家屯事件中山紀念堂西郷 隆盛曹【こん】世良修蔵斎藤 恒復辟運動桐野利秋町野武馬岩村高俊中華民国

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android