コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緘黙症 かんもくしょう

大辞林 第三版の解説

かんもくしょう【緘黙症】

失語症でもなく声を出したり話したりする機能の障害もないのにしゃべらない状態。統合失調症や鬱うつ病のような精神疾患のほか、心因性障害や重度聴覚障害でもみられる。無言症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんもく‐しょう〔‐シヤウ〕【×緘黙症】

無言症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

緘黙症【かんもくしょう】

無言症とも。発語に関する器官に器質的な障害がないのに,発語しないもの。神経症鬱(うつ)病統合失調症精神分裂病)にしばしば見られるほか,突然の激しい感情の動揺でも起こる症状。
→関連項目拒絶症

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

緘黙症の関連キーワードクリスチャンソン症候群選択性緘黙症場面緘黙症情緒障害児選択無言症精神疾患失語症緘黙鬱病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android