コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拒絶症 キョゼツショウ

百科事典マイペディアの解説

拒絶症【きょぜつしょう】

統合失調症精神分裂病)に最も多くみられる精神運動障害の一つ。患者は他人の命令や期待を拒否し,あるいは強く抵抗してかえって逆のことを行う。この症状が食事について現れるときは拒食症,言語について現れるときは緘黙(かんもく)症と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょぜつしょう【拒絶症 negativism】

緊張病症状群の一つの症状であり,意欲障害に基づくもの。患者はあらゆることを拒否し,反対の行動を示す。たとえば手をとろうとすればひっこめ,口を開けるように命令すると閉じる。与えられた食事を食べようとしないものを〈拒食症〉,また質問しても固く口を閉ざしたままで答えようとしないものを〈無言症〉という。精神分裂病の緊張型に多くみられる。【小見山 実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょぜつしょう【拒絶症】

統合失調症の症状の一。他人の命令に対し逆の態度や行動をしたりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拒絶症の関連キーワード拒絶反応緘黙症緘黙態度