コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さし

大辞林 第三版の解説

さし【緡】

銭の穴に通す細い縄。普通、九六文を一差しとし、百文として扱った。さしなわ。
百本のこより、または細い縄を束ねて根元をくくったもの。神仏への百度参りのとき、数を数えるのに用いた。百度緡。 「おその下女にてお百度の-を持ち/歌舞伎・お染久松色読販」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【貫】より

…中国の宋代のころに始まる通貨の単位で,銭貨1000文(もん)のことをいう。この名称は銅銭1000枚の穴に緡(びん)(鏹(きよう)ともいい,ぜにざしのこと)を貫いて束ねたことに由来し,日本でも唐銭,宋銭の流入に伴って室町時代前後から用いられるようになった。江戸時代になると通貨は基本を異にする金,銀,銭の3貨に分かれ,基本単位は金貨が小判の両(=4分=16朱),銀貨が匁,銭貨が文であり,銀貨1000匁を1貫目,銭貨1000文を1貫文と呼んだ。…

※「緡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緡の関連キーワード武帝(中国、前漢)繋ぎ銭・繫ぎ銭下げ銭・提げ銭武帝[前漢]文公[晋]一筋・一条貫緡・貫差百度参りさしゃる市舶司乱し銭繋ぎ銭お百度緡売り算賦貫文貫緡告緡百緡緡縄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android