(読み)セン

デジタル大辞泉の解説

せん【×撰】

詩歌・文章を選び抜いて書物にまとめること。「太安万侶

せん【撰】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ
詩や文章を作る。書物を著す。「撰述
詩文を選び編集する。「撰集官撰私撰自撰勅撰
多くの中からよりすぐる。「新撰・精撰」
[名のり]のぶ
[難読]杜撰(ずさん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん【撰】

〘名〙
① 文章や書物を書き著わすこと。述作。撰述。著述。
※観智院本三宝絵(984)中「続日本紀霊異記居士小野仲広か撰日本国の名僧伝等に見たり」 〔隋書‐経籍志・一〕
② 編集すること。また、詩歌などを多くのものの中から選ぶこと。
※俳諧・続猿蓑(1698)奥書「続猿蓑は芭蕉翁の一派の書也。何人の撰といふ事をしらず」 〔欧陽脩

せん‐・す【撰】

〘他サ変〙 ⇒せんする(撰)

せん‐・する【撰】

〘他サ変〙 せん・す 〘他サ変〙 (「せんずる」とも)
① 書物を書きあらわす。文を作る。文章などを述作する。
※発心集(1216頃か)七「さて往生要集を撰(セン)じ給けるに」
② 多くの詩歌、文章から、よいものをえらびとる。えらびとって編集する。書物を編纂する。
※栄花(1028‐92頃)月の宴「その古今に入らぬ哥を、昔のも今のもせむぜさせ給て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

撰の関連情報