(読み)せん

精選版 日本国語大辞典「撰」の解説

せん【撰】

〘名〙
① 文章や書物を書き著わすこと。述作。撰述。著述。
※観智院本三宝絵(984)中「続日本紀霊異記居士小野仲広か撰日本国の名僧伝等に見たり」 〔隋書‐経籍志・一〕
② 編集すること。また、詩歌などを多くのものの中から選ぶこと。
俳諧・続猿蓑(1698)奥書「続猿蓑は芭蕉翁の一派の書也。何人の撰といふ事をしらず」 〔欧陽脩

せん‐・する【撰】

〘他サ変〙 せん・す 〘他サ変〙 (「せんずる」とも)
① 書物を書きあらわす。文を作る。文章などを述作する。
※発心集(1216頃か)七「さて往生要集を撰(セン)けるに」
② 多くの詩歌、文章から、よいものをえらびとる。えらびとって編集する。書物を編纂する。
※栄花(1028‐92頃)月の宴「その古今に入らぬ哥を、昔のも今のもせむぜさせ給て」

せん‐・す【撰】

〘他サ変〙 ⇒せんする(撰)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「撰」の解説

せん【撰】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]えらぶ
詩や文章を作る。書物を著す。「撰述
詩文を選び編集する。「撰集官撰私撰自撰勅撰
多くの中からよりすぐる。「新撰・精撰」
[名のり]のぶ
[難読]杜撰ずさん

せん【×撰】

詩歌・文章を選び抜いて書物にまとめること。「太安万侶の
[類語]編集編修編纂編著新編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android