縞栗鼠(読み)しまりす

精選版 日本国語大辞典「縞栗鼠」の解説

しま‐りす【縞栗鼠】

〘名〙 リス科の哺乳類。小形で体長約一四センチメートル、尾長約一一センチメートル。淡赤褐色で背面に五本の黒色縦縞がある。森林中の地中に営し、多くは地上で生活する。食物マツ種子クルミの果実などで、口中の頬袋に入れて巣に運ぶ。冬は冬眠する。北部アジア、北海道に分布、北海道産は亜種エゾシマリス。近年、朝鮮半島産の別亜種が本州の各地で野生化している。なお近縁で姿形のよく似た種が北アジアから北アメリカにかけて多数いる。毛皮は粗いが、愛玩用として飼育される。しまねずみ。とらねずみ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「縞栗鼠」の解説

しま‐りす【×××鼠】

リス科の哺乳類。体は黄褐色に黒い縦縞が5本ある。木によく登るが、巣穴は地中に掘る。朝鮮半島からシベリアにかけて分布、日本では北海道の山地にすむ。愛玩(あいがん)用に飼育される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android