コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞栗鼠 シマリス

大辞林 第三版の解説

しまりす【縞栗鼠】

リス科の哺乳類。頭胴長15センチメートル、尾長10センチメートルほどの小形のリス。背に五本の黒色のたて縞がある。口内に頰袋があり、食糧をその中に入れて運ぶ。10月から3月頃まで地中の穴で冬眠。東ヨーロッパからアジア北東部に分布。日本では北海道に産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縞栗鼠の関連キーワード東ヨーロッパ口内

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android