コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織傭の変 しょくようのへん

1件 の用語解説(織傭の変の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょくようのへん【織傭の変】

1601年(万暦29)に絹織労働者(織傭)を主体として,中国の蘇州でおこった民衆の反税闘争。宋・元時代以来,蘇州では絹織物業が発達し,17世紀初めには,民営の機戸だけで数千戸,織工と染工はおのおの数千人を数えるにいたった。これに対し,財政不足に悩む明朝は,宦官を派遣して徴税を強化しようとした。蘇州と杭州を担当したのは織造太監孫隆であるが,孫一味による収奪に反対して,6月3日,2000余人の労働者は行動をおこし,規律正しい組織的な闘争をくりひろげ,孫隆の追放に成功するとともに,重税で倒産にひんしていた機戸のために減税をかちとって,都市手工業労働者の力量を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の織傭の変の言及

【民変】より

…このような収奪に反対して,手工業労働者を中心とする広範な民衆は激しく抵抗した。これが民変であるが,その代表的な事例として,1601年に蘇州で起こった〈織傭の変〉がある。これには織工約2000人が参加し,税監を追放して商税の廃止をかちとったが,彼らの行動は,一部の知識人や官僚からも支持されていた。…

※「織傭の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

織傭の変の関連キーワード自由労働者TUC万暦赤絵単純労働者組織労働者賃金労働者万暦窯未組織労働者工場労働者個人請負労働者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone