コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織傭の変 しょくようのへん

世界大百科事典 第2版の解説

しょくようのへん【織傭の変】

1601年(万暦29)に絹織労働者(織傭)を主体として,中国の蘇州でおこった民衆の反税闘争。宋・元時代以来,蘇州では絹織物業が発達し,17世紀初めには,民営の機戸だけで数千戸,織工と染工はおのおの数千人を数えるにいたった。これに対し,財政不足に悩む明朝は,宦官を派遣して徴税を強化しようとした。蘇州と杭州を担当したのは織造太監孫隆であるが,孫一味による収奪に反対して,6月3日,2000余人の労働者は行動をおこし,規律正しい組織的な闘争をくりひろげ,孫隆の追放に成功するとともに,重税で倒産にひんしていた機戸のために減税をかちとって,都市手工業労働者の力量を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の織傭の変の言及

【民変】より

…このような収奪に反対して,手工業労働者を中心とする広範な民衆は激しく抵抗した。これが民変であるが,その代表的な事例として,1601年に蘇州で起こった〈織傭の変〉がある。これには織工約2000人が参加し,税監を追放して商税の廃止をかちとったが,彼らの行動は,一部の知識人や官僚からも支持されていた。…

※「織傭の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

織傭の変の関連キーワード明の時代(年表)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android