コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田鶴姫 おだ つるひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田鶴姫 おだ-つるひめ

1837-1896 江戸後期-明治時代,織田信古(のぶもと)の娘。
天保(てんぽう)8年生まれ。嘉永(かえい)4年肥後(熊本県)宇土(うと)藩の細川信敬(のぶたか)と結婚するが17歳で死別。文久3年郷里の丹波柏原(かいばら)(兵庫県)にかえり裁縫,養蚕をおこない,養母,養祖母の世話をする。田村看山,小島省斎の講義をうけ,子弟を教育した。明治29年11月死去。60歳。号は柳枝法名は良性院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

織田鶴姫の関連キーワード織田信古明治時代鶴姫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android