コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繰延資産・繰延負債 くりのべしさんくりのべふさい deferred asset,deferred liability

1件 の用語解説(繰延資産・繰延負債の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くりのべしさんくりのべふさい【繰延資産・繰延負債 deferred asset,deferred liability】

本来は費用もしくは収益としての性質をもつものであるが,期間損益計算のしくみのうえから,経過的に貸借対照表の資産項目もしくは負債項目として処理されたものをいう。 繰延資産は,ある支出が行われ,またそれによって役務の提供を受けたにもかかわらず,その支出の効果もしくは役務の有する効果が当該期間だけではなく,次期以降にわたると予想される場合に,次期以降の収益に合理的に負担させる費用として計算すべく繰り延べるために,経過的に貸借対照表の資産の部に計上したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

繰延資産・繰延負債の関連キーワードギ酸酸化還元滴定法規命令費用繰延勘定若しくは芸術的酸性色素永久差異項目営業外収支

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone