コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設利息 ケンセツリソク

4件 の用語解説(建設利息の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんせつ‐りそく【建設利息】

鉄道・水力発電など建設に長期間を要する事業で、会社の成立後、2年以上営業内容全部の開業ができないと認められる場合、開業前の一定期間、例外的に株主に配当される利息。工事利息。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

建設利息

建設利息とは開業までに会社が株主に支払う金銭。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんせつりそく【建設利息】

会社成立後、二年以上営業の全部を開業できない場合に株主に配当される利息。資金の調達を容易にするのが目的で、実体は出資金の一部払い戻し。商法上認められていたが、会社法改正により廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建設利息
けんせつりそく
interest during construction

鉄道、電力のように、巨大な設備を要し開業までに長年月を要する事業を営む会社は、その間に利益配当をすることができないため、株主の募集が困難になり、会社の設立が不可能に近くなる。このため旧商法(291条)は、会社の目的とする事業の性質により、会社の成立後2年以上その営業の全部を開始することができないと認められる場合、裁判所の認可を得て、一定の株式について開業前の一定期間、年当り株式の発行価額の20分の1を限度として株主に配当することを定款に定めることができるとしていた。この配当を建設利息という。その性格については、将来の利益の前払いという見解もあるが、実質的には資本配当になるため、会社法の制定(2005)とともに廃止された。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建設利息の関連キーワード包蔵水力水路式発電ダム式発電発電水力タービン水力電気小水力発電怒江ダム計画小型の水力発電所飛島文吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone