コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪の文化 つみのぶんかguilt culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

罪の文化
つみのぶんか
guilt culture

R.ベネディクトにより命名された概念で,日本人の行動様式恥の文化としたのに対し,西欧人の行動様式を罪を基調とする文化として位置づけたもの。彼女は西欧社会を,道徳の絶対的標準を説き,良心の啓発を重視する社会と規定し,西欧人は罪の内面的な自覚に基づいて善行をなすのであり,罪を犯した人間は,その罪を包まず告白することによって重荷をおろすことができるとした。つまりの文化と比べて,道徳の標準における個人の内在化の度合いが強いことを意味している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

罪の文化【つみのぶんか】

罪の文化・恥の文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の罪の文化の言及

【日本社会論】より


[〈恥の文化〉論]
 日本の文化の基本的特徴を最初に指摘したのは,アメリカ文化人類学者,R.ベネディクトであった。ベネディクトは,その著《菊と刀》の中で,日本文化の型を,欧米の〈罪の文化guilt culture〉と対比して〈恥の文化shame culture〉だと断定した。両者の違いは,行為に対する規範的規制の源泉が,内なる自己(良心)にあるか,それとも自己の外側(世評とか知人からの嘲笑(ちようしよう))にあるかに基づいている。…

※「罪の文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

罪の文化の関連キーワードルース・フルトン ベネディクト犯罪社会学学習理論文化類型菊と刀国民性羞恥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

罪の文化の関連情報