コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅門 ラモン

デジタル大辞泉の解説

ら‐もん【羅門】

格子の一。立蔀(たてじとみ)・透垣(すいがい)などの上部に、木や竹で2本ずつ交差した模様を作り出したもの。羅文。らんもん。

らん‐もん【羅門/羅文】

らもん(羅門)」に同じ。
「―破れて、蔀(しとみ)、遣戸(やりど)もたえてなし」〈平家・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

羅門の関連キーワード露の 五郎兵衛(2代目)日本高僧伝要文抄狐の呉れた赤ん坊ゴボウ(牛蒡)サルシフィー羅文・羅紋木下 双葉奈良の大仏桂 章太郎バラモン教六派哲学三十三身バラモン折鶴お千原 駒子将軍万福菩提僊那藤岡月尋伎楽面迦陵頻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羅門の関連情報