コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連(れ)子 ツレコ

デジタル大辞泉の解説

つれ‐こ【連(れ)子】

《「つれご」とも》結婚する相手が連れてきた、前の配偶者との間にできた子。

れん‐こ【連子】

連子鯛(れんこだい)」の略。

れん‐じ【連子/×櫺子】

木・竹などの細い材を、縦または横に一定間隔を置いて、欄間(らんま)に取り付けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

連子【れんじ】

窓や,戸などの開口部に棒状の木または竹を縦または横に並べたもの,およびその意匠をいい,縦横に組んだ格子とは区別される。連子を構成する材を連子子(れんじこ)という。
→関連項目格子無双窓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連子
れんじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

連(れ)子の関連キーワードフランシス・ハリー・コンプトン クリック熊本県八代市泉町久連子角連子・角櫺子藤原武智麻呂格子(建築)石川宮麻呂藤原不比等東部[町]蘇我安麻呂小宮康正石川年足八窓の席久連子鶏蘇我入鹿肥後五鶏藤原宇合藤原房前無双連子蘇我連子石川石足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android