連子(読み)れんじ

百科事典マイペディア「連子」の解説

連子【れんじ】

窓や,戸などの開口部に棒状の木またはまたは横に並べたもの,およびその意匠をいい,縦横に組んだ格子とは区別される。子を構成する材を連子子(れんじこ)という。
→関連項目格子無双窓

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「連子」の解説

つれっ‐こ【連子】

〘名〙 「つれこ(連子)」の変化した語。
※をさめ髪(1900)〈永井荷風〉一「貰っ子ぢゃあ無(ね)え。現(いま)の女房(おかみ)さんの連子(ツレッコ)なんだが」

れん‐こ【連子】

〘名〙 魚「きだい(黄鯛)」の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「連子」の解説

れん‐じ【連子/×櫺子】

木・竹などの細い材を、縦または横に一定の間隔を置いて、窓や欄間らんまに取り付けたもの。

つれ‐こ【連(れ)子】

《「つれご」とも》結婚する相手が連れてきた、前の配偶者との間にできた子。
[類語]義子養子継子まま子

れん‐こ【連子】

連子鯛れんこだい」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android