コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美努岡麻呂 みのの おかまろ

2件 の用語解説(美努岡麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美努岡麻呂 みのの-おかまろ

662-728 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
天智(てんじ)天皇元年生まれ。大宝(たいほう)元年(701)に遣唐使の一員となり,翌年渡航。このとき春日蔵老(おゆ)がおくった歌が「万葉集」にある。従五位下,主殿頭(とのものかみ)となった。神亀(じんき)5年10月20日死去。67歳。明治5年奈良県平群郡(へぐりぐん)萩原村の丘陵から銅板の墓誌が発見された(東京国立博物館蔵)。氏(うじ)は三野,名は岡万とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

美努岡麻呂

没年:神亀5.10.20(728.11.25)
生年:斉明7(661)
8世紀初めに活躍した官人。姓は三野とも書く。天武12(683)年,連姓を賜った。大宝1(701)年遣唐使小商監となり,翌年入唐した。このとき春日蔵首老 が作った送別の歌が『万葉集』巻1に残っている。霊亀2(716)年,従五位下に叙され,主殿頭(宮内省主殿寮の長官)となる。経歴は以上であるが,岡麻呂が著名なのは,天平2(730)年10月2日付の墓誌銘が存する点である。その内容は以上に略記した通りである。埋葬されたのは墓誌銘の日付のころであったと考えられる。この墓誌は明治5(1872)年に大和国平群郡萩原村(生駒市)の農民忠平が,同村内の竜王と称する地で掘り出したものという。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美努岡麻呂の関連キーワード趙昌ガリア契丹バッターニー駅馬騎馬民族説達延汗勘籍阿倍御主人多治比屋主

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone