コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美白化粧品 びはくけしょうひん

2件 の用語解説(美白化粧品の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

美白化粧品

メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」、あるいはこれに類似した効能を表示できる医薬部外品の通称。日本では1980年代後半のアルブチンコウジ酸の登場により、化粧品の市場として定着してきた。美白化粧品であることを公にうたうためには、厚生労働省に認められた美白有効成分が配合されている必要がある。美白有効成分には、先に挙げたアルブチン、コウジ酸の他に、ビタミンC誘導体、ルシノール、トラネキサム酸など十数種類がある。シミ・ソバカスの原因は、皮膚内部でのメラニンの過剰蓄積であるが、多くの美白有効成分は、メラニンの生成に重要なチロシナーゼ呼ばれる酵素に、直接的あるいは間接的に働きかけ、メラニン生成を抑える働きがある。

(三浦志郎 資生堂ビューティーソリューション開発センター所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美白化粧品
びはくけしょうひん

しみやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える成分が配合された化粧品。厚生労働省が美白効果の有効性と安全性を認めた美白有効成分として、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体リノール酸S、ルシノールなど、およそ20種類が医薬部外品の認可を受けている。美白化粧品の多くは、メラニン色素の生成に必要な酵素チロシナーゼの働きを阻害しながら、表皮と真皮の間の基底細胞にある色素生成細胞メラノサイトの活性化を抑制するなどの方法で、しみなどの黒ずみを生まないようにする。こうした美白化粧品はビタミンCの美白効果が話題をよんだ1960年代から徐々に浸透した。1980年代に入り、資生堂がアルブチン配合の化粧品を開発したことをきっかけに、多くの美白有効成分が登場して広まった。2013年(平成25)時点で、日本の美白化粧品の市場規模は2000億円を超え、スキンケア製品の5分の1以上を占めるとされる。
 一方で、美白化粧品をめぐる被害も出ている。2013年にはカネボウ化粧品の美白化粧品で、肌がまだらに白くなる「白斑(はくはん)」被害が相次ぎ、会社側は同年7月4日に製品回収を発表した。以降2か月間で皮膚の異常を訴えた被害者は約1万4000人となった。同社の美白化粧品には、新しく開発された医薬部外品有効成分のロドデノールが配合されていた。白斑の原因はまだ詳しくわかっていないが、メラニン色素の生成を抑える効果があるロドデノールが含まれた美容液や化粧水、クリームなどの複数の製品を使うことにより、成分濃度が高くなりすぎたためではないかと指摘されている。安全性を確認するための事前の臨床試験では美白成分の濃度を2倍としていたが、化粧品は同じメーカーやシリーズの複数種の製品を、同時に使用することが一般的なだけに、化粧品会社や厚生労働省の審査の改善を求める声が高まっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美白化粧品の関連キーワードシミしみらに蕎麦滓ホワイトニング虫を抑えるメラニン色素メラノソームソフトビスケットデヒドロアラニンユーメラニン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美白化粧品の関連情報