コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群行 グンコウ

2件 の用語解説(群行の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐こう〔‐カウ〕【群行】

大ぜいで群れをなして行くこと。
斎宮(いつきのみや)野宮(ののみや)で潔斎ののち、9月に行装を整えて伊勢に下向すること。また、その儀式。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の群行の言及

【斎宮】より

…飛鳥・奈良朝の経路は不明だが,平安朝では長奉送使以下の官人に付き添われ,近江国府,甲賀,垂水,鈴鹿,壱志の各頓宮を経て,伊勢国多気郡の斎宮に入る。この5泊6日の旅程は群行と称し,南北朝期に斎王制が自然消滅するまで,大伯皇女から数えれば64名の斎王が卜定され,49名が伊勢に派遣された。 斎王は伊勢神宮の三節祭である6月と12月の月次祭,9月の神嘗祭の年3回,斎宮から度会郡の離宮院に移り,神宮の祭祀に加わる。…

※「群行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群行の関連情報