コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群集生態学 ぐんしゅうせいたいがくcommunity ecology; synecology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群集生態学
ぐんしゅうせいたいがく
community ecology; synecology

群集を対象としての生態学。すなわちある地域での生活集団から,1種だけの種を取上げて考える個体群生態学に対して,相互作用をもち合う諸種生物を包括して考察する。一つの地域的まとまりを考え,そこでの植物群落遷移とか,動物,微生物も含めての物質やエネルギーの流れとか,食物連鎖関係とか,個体数の変動関係とかを論じるのは,群集生態学的な研究の例となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐんしゅう‐せいたいがく〔グンシフ‐〕【群集生態学】

生態学の一分野。生物群集を対象とし、環境との相互作用や生物相互の関係などを研究する。群生態学。生物群集学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんしゅうせいたいがく【群集生態学】

生物群集と環境との関係を対象とする生態学の一分野。群集の発達様式、構成種の生態的機能や相互関係などを研究する。特定の種を対象とする個生態学に対していう。群生態学。生物群集学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の群集生態学の言及

【生態学】より

…植物群落については,その後まもなく,群落の自律的な時間的変化が注目され,この現象は遷移と呼ばれて新しい研究対象となった。そして群落を個体に対比して,群落の構造,群落の機能,群落の分類が研究されるべきであるとされ,群集生態学が提唱された。やがて,このような分野をヘッケルの定義した生態学と同じと見ることについて異論が出はじめ,生態学を〈生物集団を対象とする科学〉として定義し直した研究者もあったが,広く受け入れられるに至らなかった。…

※「群集生態学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

群集生態学の関連キーワードチャールズ・S. エルトンエコロジーエルトン上野益三鳥学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android