コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戊戌変法 ボジュツヘンポウ

デジタル大辞泉の解説

ぼじゅつ‐へんぽう〔‐ヘンパフ〕【戊戌変法】

変法自強

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

戊戌変法【ぼじゅつへんぽう】

百日維新とも。中国,清末の1898年(光緒24年,戊戌の年)に光緒帝は変法自強(変法自強運動)を説く康有為らを登用して,清朝を立憲君主国家にしようとする新政を施行したが,西太后を中心とする守旧派は先手をとってクーデタを起こし,帝は幽閉され,康有為,梁啓超らは日本へ亡命した(戊戌政変)。
→関連項目袁世凱譚嗣同

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼじゅつへんぽう【戊戌変法 Wù xū biàn fǎ】

中国,清朝末期の近代的政治改革運動。干支で戊戌の年,すなわち1898年(光緒24)に起こった。戊戌維新とも呼ばれ,また100日あまりで失敗に終わったことから〈百日維新〉とも呼ばれる。変法とは,伝統的な政治制度を全面的に改革することであり,具体的には,日本の明治維新を模範にして君主専制から立憲君主制に改めることである。この運動の理論的指導者は康有為である。1888年,会試受験のため北京に来た康有為は,清仏戦争敗北以来の欧米列強による蚕食の状況,国内の窮乏化とあいつぐ反乱,官僚の腐敗と無能を指摘し,〈成法を改め,下情を通じ,左右(官僚)の登用を慎重にする〉の3項目の改善を求める上書を提出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の戊戌変法の言及

【清】より


[改良と革命]
 先進列強の繁栄と中国の貧窮の相関関係をささえる中国の半植民地化という社会基盤そのものから,中国のブルジョア的変革を指向する動きが生まれてくる。そのようなブルジョア・イデオローグが政治舞台に登場してはなばなしい活動を開始した最初のものが,康有為を指導者とする戊戌(ぼじゆつ)変法運動であった。彼ら変法派は,洋務派が中体西用論をとなえて生産技術だけを移入しようとしたのに対し,西洋の社会体制そのものを模倣すべきだとして立憲君主体制への移行を計画した。…

※「戊戌変法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戊戌変法の関連キーワード公羊学

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android